0
Your Rating
Rank
N/A, it has 92 views
Genre(s)
Status
OnGoing
Comments

静まりかえった泉のほとりでは姑娘がひとり、身を清めていた。その背には鶴が、いた。翼を拡げていまにも舞いあがらんとする、それはそれは美しい鶴が。
故にそれは。
鶴でなければならなかった。